離煙パイプを使って1カ月で禁煙に成功!ニコチン中毒からの解放!!

喫煙者は目の敵にされています。禁煙に失敗した人に離煙パイプで再挑戦してほしい。離煙パイプでニコチンとさようなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

禁煙外来より離煙パイプのほうが安くて楽に禁煙できます

禁煙に成功してもうすぐ2年が経ちます。

喫煙していた時は良い香り、良い匂いと思っていたタバコの匂いが臭く感じて遠ざけるようになりました。

40年近く吸い続けもうやめられないと思っていましたが、離煙パイプでこれほど簡単にタバコがやめられるとは思ってもいませんでした。

最近テレビや電車の中吊りなどで禁煙外来のCMをよく目にします。

女医さんが

「禁煙は禁煙外来へ2万円以内です」

たしかこんなコピーがついていたと思います。

でも、離煙パイプでしたら12600円です。

更に、チャンピックスという薬を標準的な用法、用量で12週間使用するということです、

更に、さらにチャンピクスは副作用で、吐き気を伴いますです。

さらにさらに、更にチャンピックスの服用で、めまいや眠気が出ることがあります。
自動車の運転など危険を伴う機械を操作する際には、注意が必要ですということです。

こんなキツイ思いを離煙パイプならする必要がありません。

離煙パイプを差し込んで今まで通りにタバコを吸うだけです。

31のパイプを毎朝交換すればいいだけです。

パイプを交換するだけで薬など飲まずに自然とタバコを遠ざけることができます。

いまではタバコを吸う行為自体が肩身が狭い行為になっています。

なんとかしてたばこをやめたいと思っているあなた!

離煙パイプで禁煙してみて下さい。

価格も禁煙外来より安いし、更に薬をのむという煩わしさもありません、吐き気を伴うことなんてありません。

私もこれでタバコを辞めました






スポンサーサイト
[ 2013/02/15 17:39 ] 禁煙方法 | TB(0) | CM(0)

禁煙19ヶ月経過

禁煙を始めてから19ヶ月を経過しました。

先日テレビのニュースで震災後19ヶ月後の報道をやっていました。

テレビで震災の状況を見て、被災地の皆さんの苦労を考えた時、自分は何も出来ない、ならばせめて自分にとっては一大決心を必要とする禁煙に挑戦してみようと始めた禁煙です。

あれから19ヶ月はあっという間ですね、もう19ヶ月といった感じです。

確かに最初の2~3ヶ月くらいはタバコがほしいと思いましたが、被災されて頑張っている方々のことを考えたら挫折せずに続けられました。

それが今ではタバコの臭いが完全に悪臭になって来ました。

以前歩行喫煙中に後ろから来た若い女の子が私を駆け足で抜き去りながら手を鼻の前で振っている姿を見て「嫌味な女」と思っていたのですが、その気持がわかるようになりました。

新宿でも歩行禁煙を取り締まるパトロールもやっています。

すでに禁煙はマナー違反になっています。

喫煙は悪になっています。

喫煙者はどんどん嫌われていきます。

そろそろあなたも禁煙に向かって歩きはじめませんか?

新しい年から禁煙生活を始めましょう。

禁煙はじめるには「完全返金保証」付きの「マジカル」がお薦め。〈製法特許取得済〉【公式】

[ 2012/12/13 15:59 ] 禁煙生活 | TB(0) | CM(0)

禁煙16ヶ月を過ぎてわかる喫煙者と非喫煙者の立場

ついに禁煙生活を初めて16ヶ月を過ぎました。

完全に喫煙者ではなくなりました。

1年目くらいで煙草の煙が臭く嫌な匂いになっているのを感じていましたが、最近では食事の際に喫煙している人を見かけるとその人柄を疑うようになって来ました。

喫煙者だった頃は「食事の時ぐらい自由に吸わせてよ」といった気持ちがありましたが今はその真逆になっています。

人間立場が変われば考え方も大きく変わります。

これは喫煙者、非喫煙者といった問題だけでなく今の原発問題などでもそうですね。

禁煙車の立場と喫煙者の立場とも両方経験して初めて分かるお互いの立場ですね。

でもやはり非喫煙者にとっては煙草の煙と匂いは嫌で邪魔なものです。

できるだけ喫煙者の人たちは人の迷惑にならないような吸い方を考えるべきでしょうね。

未だにポイ捨てをしている人を見るとほんとうにその人のレベルを疑ってしまいます。

せめて携帯灰皿くらい持ちなさいよ。

喫煙者の最低のマナーですよ!

[ 2012/08/04 09:02 ] 禁煙生活 | TB(0) | CM(0)

街中を汚す吸殻

禁煙生活14ヶ月を超えました

もうほとんど吸いたいという気は起こらなくなりました。

先日も飲み会がありましたが以前はこのような席を意識して避けていたのですが最近はこのような酒席でも全く吸いたいという気が起こらなくなりました。

それ以上にそこでタバコを持ち出す人がいなくなりましたね。

吸いたい人は灰皿を要求することをしなくなりました。

禁煙場所がどんどん増えて公の場では「禁煙」という意識が浸透してきたのでしょうか?

ただ残念なことに、煙草のポイ捨ては減っていないようです。

私は喫煙している時からポケット灰皿を持ち歩いていましたが、未だにそうしていない人が多いようです。

私が思うに吸殻の投げ捨てがこの禁煙運動に拍車をかけているのではないかと思います。

ポイ捨てをする人はおそらくその場所の近くの人ではないでしょう。

通りすがりの場所だからこの場所に吸殻を捨てても不愉快な思いにならないのかもしれません。

でもその捨てた場所にも人は暮らしています。

捨てられた側の人はどう思うでしょうか?

喫煙をやめられない人はせめてポイ捨てだけは止めるようにしたほうがいいと思いますよ。

あなたの人格が問われています。
[ 2012/05/29 08:17 ] 禁煙生活 | TB(1) | CM(0)

喫煙場所を探さないって気持ちいいですよ。

禁煙して13カ月が過ぎました。

禁煙して一番良かったのが喫煙場所を探す必要が無くなった事です。

電車を降りて一服と思っても喫煙場所が有りません。

やっと見つけた喫煙コーナーは狭くて灰で汚れています。

都内など歩行禁煙の看板やポスターがあちこちに貼ってあります。

公園なども以前は灰皿が有ったところでも今ではほとんどが撤去してタテカンがその場所に残されています。

「ここにありました灰皿は子供の健康に悪い影響を与えますので撤去致しました」

ものすごく悪い事をしているようです。

先日は新橋を歩いていたら喫煙を見張る人を見かけました。

グリーンの制服を着て歩行喫煙者に注意し吸っていたタバコを取り上げていました。

こんな時代なのかと考えさせられました。

こんなに肩身が狭くなった喫煙者の皆さん思い切ってタバコ止めませんか。

[ 2012/04/19 10:24 ] 禁煙生活 | TB(1) | CM(0)

禁煙丸1年経過しました。

禁煙を始めてちょうど1年経ちました。

早かったと言えば早かったですが、なんとかくじけずに過去最長の1年です。

5月末頃までがやはり一番苦しかったですね。

それからも辛いことは何度かありましたが離煙パイプの31番を持ち続け吸いたくなった時には

パイプを銜えてしのぎました。

やはり冷静に振り返ってニコチンの量を徐々に減らす「離煙パイプ」のこのシステムが良かったのではないかと思っています。

最後の31番だけで2週間位使ったでしょうか?

この間で体内のニコチン量が大分軽減されニコチン中毒も緩和されたのではないでしょうか。

いずれにしても禁煙経験者の先輩によると完全にタバコを忘れるには3年掛ると言っていましたから
先は長いです。

禁煙を考えている方、気合いと根性だけでは禁煙は難しいですよ。

私のお薦めは離煙パイプです
[ 2012/03/20 17:05 ] 禁煙生活 | TB(0) | CM(0)

禁煙11カ月達成!です

禁煙生活11カ月達成です。

ここまでくればこれから先も禁煙出来るのではないでしょうか。

今までは何とも良いにおいと思っていた煙草の匂いがいやなにおいになってきました。

私は新入社員でライターメーカーに入社したものですから以前からお付き合いのある人たちの多くが喫煙者です。

その人たちと会うと食後や会話の最中に必ず一服があります。

その時の匂いが「臭く」感じるようになってきました。

先日は朝新聞を取りに外へ出た時にたばこのにおいを感じました。

自分で吸っている時は心地よい香りだったのが今では嫌な臭いにおいに代わってきました。

こんなに人間の感覚というのは違ってくるものなのですね。

私が喫煙者だったころ、後ろから歩いてきた女性が手で鼻の前を覆いながら小走りに走って私の前に出たことだありました。

その時はなんて嫌味な女なんだろうと思いましたが、今となってはその女性の気持ちがわかるようです。

身勝手なものです。


[ 2012/02/21 17:36 ] 禁煙生活 | TB(0) | CM(0)

離煙を震災で決意

離煙パイプを付けてタバコを吸っていると自分では意識しないうちにニコチンが身体から抜けて行きます。

パイプに有る穴から段々抜けて行く煙の量が多くなり、他の喫煙者が味わったらスカスカの吸い心地でも本人は違和感なく従来通りにタバコを味わっています。

31番目のパイプを使う頃になると体内のニコチンは95パーセント無くなるそうです。

この状態になれば後は禁煙するという本人の自覚次第になってきます。

ですから、禁煙するという決断がつかない人は31番のパイプを使いながらしばらく吸い続ければよい訳です。

そして、なんで俺はタバコを吸い続けているんだろうと言った疑問が出てきた時に禁煙すればよいそうです。

いずれにしてもパイプを外してタバコを吸う事だけは絶対にやめた方がよいとの事です。

私がもうタバコをやめようと決心したのは東日本大震災でした。

2月末から31番のパイプで吸い続けていた時に震災が起こりました。

被災された方々の姿や被災地の状況を見てノンビリタバコを吸っているべき時ではないと思い決断しました。

そのような大きなきっかけが有ったからスムーズに離煙出来たのかもしれません。

離煙パイプはニコチン中毒から脱出する道を作ってくれます。

でも禁煙を決断するのはあなたの意志です。


[ 2012/02/14 10:58 ] 禁煙生活 | TB(0) | CM(0)

離煙パイプの中身

届いた離煙パイプの中身はこんな感じです。

RIMG0515_convert_20120205132317.jpg

パイプの入っている箱が3箱それと副読本です

RIMG0522_convert_20120212163354.jpg

箱の中はこんな感じでパイプが10本入っています。

念のために書きますがこの写真は私が使用した後の写真ですので新しいものはパイプ1本ごとに封がされています。

この1の箱には1から10まで番号がついたパイプが10本。

2の箱には11から20までの番号がついたパイプといった具合です。

そして1のパイプの穴が一番小さくなっています。

ですから、パイプを付けても今まで吸っていたタバコの味とほとんど変わりません。

1日目1番のパイプで吸ったら2日目の朝最初のタバコを吸う時に2番のパイプに変えて吸います。

2日目は2番のパイプで通します。

3日目も同様に朝3番のパイプに変えて吸います。

このようにして31番のパイプまで進めて行きます。

なぜ朝最初の1本目でパイプを変えるかと言えば、夜寝ている間にニコチンが減っているからパイプを代えてニコチンの量が3パーセント減っていても脳が昨日の味と勘違いするので気がつかないという事です。

このように脳をだましながら毎日ニコチンの摂取量を減らしていく訳です。

そうして31番までいくと体内に有るニコチンの量が95%カットされているところまで行きます。

ここまでくればニコチン中毒から脱出という段階です。


後はタバコをやめるという決断だけになるという訳です

私の経験からしても確かに習慣化したものはどうしても残ります。

例えば、食事の後に吸う一服の煙草。

「そういえば食事の後はタバコだったよな」


こんな感じで思い出します、でも我慢できない辛さではありません。

根性でやめた時は中毒作用が残っていますから我慢できないようなどうしようもない欲望が湧いてきましたが、体内のニコチンがほとんど抜けていますから、それほど辛く有りません。

それと、私はこのようにどうしてもすいたい時は31番のパイプを付けて吸っていました。

それでも、やめるんだという意志だけは持ち続けていました。

そして、今も禁煙を続けています。



[ 2012/02/12 17:14 ] 離煙パイプ | TB(0) | CM(0)

離煙パイプの発注・購入

タバコの値上げをきっかけに禁煙を初めて見ましたが吸いたいという気持ちは無くなりません。

それこそ寝てる時以外はいつもタバコを欲しがっているような状況です。

それでも、約2ヶ月半頑張りました。

しかし忘年会シーズンに入り飲酒の機会が増えるともう我慢が出来ませんでした。

酔いの勢いで禁煙という強く固い決意がもろくも崩れ去ってしまいました。

2ヶ月半続いた禁煙も1本吸ってしまえば元の木阿弥 。

自分でタバコを購入してしまいました。

飲み会の時はそうでもなかったのですが翌日は結構落ち込みました。

「なんで俺はこんなに意志が弱いのだろう」

女房あたりはどうせ駄目だと思っていたらしく特に何も言いませんでしたがそれだから余計に一人落ち込みました。

それから約1カ月の1月中旬に「離煙パイプ」の新聞広告を目にしました。

阿藤快さんという方でしたでしょうか、それと元巨人軍の宮本選手がこの離煙パイプで禁煙に成功したというものでタバコを吸いながら禁煙していくシステムが書かれていました。

現在吸っているタバコを離煙パイプを付けてそのパイプを毎日変えていく方法です。

パイプの真ん中辺りに見えない位の穴があいていて毎日パイプを変える度に少しづつパイプのその穴の大きさが大きくなっていき、体内に吸収するニコチンの量を減らしていくというシステムです。

RIMG0521_convert_20120209111238.jpg

茶色くなっている部分のすぐ上に丸い小さな穴が開いています。

1番目は見えないほどの穴です。

その穴の大きさを3パーセントづつ大きくしていき、脳が気がつかないうちにニコチンの摂取量を減らしていくというものです。

以前減煙でタバコをやめようとt試行錯誤した結果止められなかった経験から今度は10月1日のタバコ値上げに合わせていきなりタバコ断ちをしたのですがそれでも駄目でした。

そうなると、この離煙パイプが提唱しているように徐々にニコチン摂取量を減らしていき、自覚がないうちに離煙出来れば一番良いのではと思った訳です。

そう思ったらあとはやるだけと思いすぐに発注することにしました。


[ 2012/02/09 11:38 ] 禁煙方法 | TB(0) | CM(0)
フリー
プロフィール

離煙パイプ 禁煙

Author:離煙パイプ 禁煙
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。