離煙パイプを使って1カ月で禁煙に成功!ニコチン中毒からの解放!!

喫煙者は目の敵にされています。禁煙に失敗した人に離煙パイプで再挑戦してほしい。離煙パイプでニコチンとさようなら

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

離煙を震災で決意

離煙パイプを付けてタバコを吸っていると自分では意識しないうちにニコチンが身体から抜けて行きます。

パイプに有る穴から段々抜けて行く煙の量が多くなり、他の喫煙者が味わったらスカスカの吸い心地でも本人は違和感なく従来通りにタバコを味わっています。

31番目のパイプを使う頃になると体内のニコチンは95パーセント無くなるそうです。

この状態になれば後は禁煙するという本人の自覚次第になってきます。

ですから、禁煙するという決断がつかない人は31番のパイプを使いながらしばらく吸い続ければよい訳です。

そして、なんで俺はタバコを吸い続けているんだろうと言った疑問が出てきた時に禁煙すればよいそうです。

いずれにしてもパイプを外してタバコを吸う事だけは絶対にやめた方がよいとの事です。

私がもうタバコをやめようと決心したのは東日本大震災でした。

2月末から31番のパイプで吸い続けていた時に震災が起こりました。

被災された方々の姿や被災地の状況を見てノンビリタバコを吸っているべき時ではないと思い決断しました。

そのような大きなきっかけが有ったからスムーズに離煙出来たのかもしれません。

離煙パイプはニコチン中毒から脱出する道を作ってくれます。

でも禁煙を決断するのはあなたの意志です。


スポンサーサイト
[ 2012/02/14 10:58 ] 禁煙生活 | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

フリー
プロフィール

Author:離煙パイプ 禁煙
FC2ブログへようこそ!

検索フォーム
QRコード
QR


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。